Malasada マラサダとは?

マラサダは、砂糖キビの開墾で移民したポルトガル人の方々がハワイに持ってきた文化です。食文化の影響は今でもハワイで広く食べられています。ポルトガル移民は1878 年から始まりました。16,000の移民は 宗教的にもカトリック教会などの宣教師がくることにもなりました。 ところでマラサダは熱心なカトリック信者は3日間断食をするので、断食開けに教会にみんなが持ち寄ってお祝いをした時に食べたものの一つ。さてプナルウベーカリーで食べるマラサダ も美味しさ満点。