2014-03-01 17.08.4070代の両親と参加しました。
日本人ガイドさんがとても親切で安心して参加できます。
ツアー中たくさん写真をとってくれます。
何度もトイレ休憩ありラウンドペースもよく大満足でした。
ドライブ中はハワイ島や日系人の歴史を、ヒロでは、モクオラ・ハナストーン・カメハメハ大王像ゆかりの物語を独特の話術で案内いただき、飽きません。
私は火山観光2回目で日中来たことがありましたが、やはり夜の火山は神秘的。ハワイ島に訪れたらぜったい行くべきです!
今回のツアーでは通常は車窓からみるだけの地下から吹き上がるスチームを、車から降りて近くで浴びることができ、これは今までにない体験でした。地球の熱気を全身に感じることができ感動。
また、ガイドさんの配慮でシーアーチまで行くことができたのも、期待以上でした。
ガイドの和田さんには本当にたくさんの話をしていただきました。
両親も私も大変感謝をしています。
ツアー内容もグッドですが、和田さんの人柄に一番癒されました~

このツアーは、旅2014-06-08 16.44.44の前半に組まれることをおすすめします。
なぜなら、ハワイ島のディープな話を知ることができハワイ島にいる充実度がぐっと高まるからです。形だけのツアーとはわけが違います!! 参加してびっくりしました。この日は、私ともう一組だけのツアーでした。

和田さんは、車に乗っている時からたくさんハワイ島にまつわるお話をしてくれます。ひとつひとつの場所で、楽しく歴史・伝説を話してくれるのですが、話し方に工夫があったり、和田さんなりの素敵な視点を挟んで話してくださりします。
だから、一見難しいと思われそうな歴史・神話がとーってもわかりやすいのです!!
また、瞑想やハワイのお祈りの時間が適材適所でありパワーがチャージされます。
和田さんのツアーに出たから、ここがパワーの強いところか。とかお祈りはこうするのか、とかがわかりました。これを知ってるとの知らないのとではハワイ島の深さの感じ方も全く違うでしょう。

ツアーの良し悪しはどこで何を見たかよりもツアーガイドさんとの相性で決まると思います。和田さんはヒロがお好きで、その気持ちが熱く伝わってきます。
私は元からヒロに興味がありましたが、和田さんのおかげで大好きになりました!
こんどはヒロメインでハワイ島を訪れたいです。  ※お手洗いに対する配慮も抜群で助かりました。

プライムリブディナーとは?

プライムリブはアメリカ合衆国の認定したプライムのお肉です。最高級のお肉のことです。ツアーでアメリカ合衆国の認定の一番美味しいお肉を食べる。プライム、チョイス、セレクトの段階でアメリカのFDA 規定。日本では銀座のローリーが出しているだけ。

日本では120g 1万円。 ポンズの10OZ 285gのお肉を食べます。ディップソースは、ビーフアジューとサワークリームにホースラディシュの2種類。サラダかスープがついていきます。レアーかミディアムレアーをお勧め。

ローカルのビーフは全て放牧牛(Grass Fed Beef)です。栄養価値が高く、草を食べている牛は穀物を食べてる牛の2倍以上、ビタミンB12 ストレス解消などに大変効果のあるビタミン満載。しかもカロリーが低いお肉。ハワイ島の自然草を食べて元気な牛。オメガ3やビタミンA、Eなども豊富にあるのがGrass Fed Beefです。まさに自然牛。

マラサダとは?

マラサダは、砂糖キビの開墾で移民したポルトガル人の方々がハワイに持ってきた文化です。食文化の影響は今でもハワイで広く食べられています。ポルトガル移民は1878 年から始まりました。16,000の移民は 宗教的にもカトリック教会などの宣教師がくることにもなりました。 ところでマラサダは熱心なカトリック信者は3日間断食をするので、断食開けに教会にみんなが持ち寄ってお祝いをした時に食べたものの一つ。さてプナルウベーカリーで食べるマラサダ も美味しさ満点。プナルウは日本人移民の始ま利、入植した地域です。

日系移民とは?

日本人移民はカラカウア王の時代に1885年に結ばれた官約移民から始まりました。その年2月には150人の移民から始まりました。当時戊辰戦争の後に沢山の青年武士が仕事がなく、地方では暴動も起きるようになった時代でした。そこで明治政府はタイミングよくこの青年たちをハワイに送ったわけでした。砂糖キビ畑でする仕事は大変に厳しかったそうです。 しかし年月とってハワイの暮らしにも慣れた日本人移民は少しずつ根を張り、今では素晴らしい基盤をハワイ社会にもちダニエル井上氏のようにアメリカ政府で上議員としても活躍をした日系社会の実力者も輩出いたしました。

コナコーヒーとは?

グリーンウェルご夫妻 ヘンリーさんとエリザベスさんが1850年にハワイ島にやってきました。開拓移民です。カメハメハ3世は土地開放をしてヨーロッパ人とアメリカ人移民の促進をいたしました。その背景にはキリスト教徒の移民をすることで、ハワイ王国のキリスト教化を図ったからです。 今では75エーカーにも及ぶほぼ東京デズニーの広さのあるコーヒー農園を始めたのがグリーンウエル農園です。コーヒー栽培をよく知っていたエリザベスさんが10本のアラビカの苗木から始めました。今でもその苗木がコーヒー生産の重要な役割をしています。その実から新しい苗木を育てているからです。

星空銀河ハワイ島とは?

ハワイ島は周りに工場地帯もなく空気が大変に澄んでいます。それはマウナロア山にあるNOAAの研究所でデータを集めていまして、世界でも一番綺麗な大気があるところがハワイ島です。科学の裏づけ。 そこでは宇宙が深く遠くまで観測できるからです。最近ではマウナケア山のケックス天文台でブラックホールの証明写真を初めて撮ることができました。私たちが沢山の星をみることができる環境がハワイ島にあります。ハワイ島では、街灯もなく、夜暗くなるように規制もあり、高い建物も規制しています。

写真に関心のある方に この写真合成ではありません。そのままタッチアップもしていません。カメラは、SONY RX100IIIです。ISO 6400/F1.8/shutter 8seconds 人物を入れるためには、懐中電灯で、光の明るさを自分で調節して撮りました。写真サービスで無料で提供しています。